kiitok(キイトク)運営ブログ - エンジニアのキャリア相談サービス

「kiitok(キイトク)」は、エンジニアが転職を前提とせずに現役エンジニアリングマネージャーやCTO等にキャリア相談をできるサービスです

【イベントレポート】メーカー系SIer脱出のリアルを聞いてきた

f:id:kiitok:20191128203753j:plain こんにちわ、onigiri(@onigiri_)です。

kiitokイベント『【脱出LT #1】メーカー系SIer出身エンジニアが脱出を語る』にレポートライターとして参加してきました。 会場はLAPRAS株式会社さんのイベントスペースです。 LAPRASさん、会場提供ありがとうございました!

メーカー系SIerって?

私自身はメーカー系SIer出身ではないので参加前に定義を調べてみました。 - メーカー系SIerとは - コンピューターメーカーやハードウェアメーカーの情報処理部門やソフトウェア開発部門などから独立した会社のこと(引用元)

これを見て浮かんだ(勝手な)イメージは「自社ハードウェア縛りがあってIaaS(GCP/AWS/Azure)などを自由に使うのは中々難しそう」 実際どうなのかも含めて、今回のイベントで探ってきました。

イベント当日の流れ

当日の流れとしては kiitok運営チームよりご挨拶 & kiitokキャリアのご紹介

次に5名の方に脱出LTをして頂きました。 gamiさん くりまおさん shimopataさん Takeru Imaizumi 上田さん

続く、QA会ではLTされた5名に向けた質問会 QA会

最後に、懇親会。 懇親会

振り返り

LT

全部書くと記事が長くなってしまうので、一つだけ取り上げさせてもらうと、
株式会社イノーバの開発部 上田さんのLT「Webアプリ開発未経験者が脱出事にやるべき3つの準備」が個人的には記憶に残りました。

上田さんが話された3つの準備とは

  • 嫌なことに左右されないキャリアプランを形成し、転職に生かす

    • 転職の面接などで思ってもないことを言わないこと
      • やりたいことを押し殺しても、結局その先に嫌なことが待ってる
    • 少しづつやりたいことの棚卸しが必要
  • 事業ドメインを事前確認する

  • 転職先候補のエンジニア文化の確認

    • エンジニアブログなどで事前確認が必要
    • Netflixのようにカルチャーガイドが公開されている場合もある

私も数回転職を経験しているのですが、事業ドメインへの興味だったり雰囲気やカルチャーマッチだったりが仕事のモチベーションに凄く影響してきたので、この話は凄い共感できました。

QA会

当日の質問集

懇親会

イベントでは珍しく、懇親会の参加率はほぼ100%!

LTされた方との会話だけじゃなく、脱出したい方同士で相談し合ったり、情報共有したりしてる姿はとても印象的でした。

皆さんの話を聞いた感じ、

  • もう転職先決まった人

  • 転職活動中の人

  • 転職考え始めたが、どうして良いか分からない人

の3パターンくらい方がおられました。今回のイベントはそれぞれの人にとってもためになる会だったらしく、似たようなイベントにまた参加したいという声も多くありました。

転職(した、したい)理由としては「自社ハードウェア縛り、独自フレームワーク、レガシーな環境などエンジニアとしての市場価値と成長に不安があり、外に出たいと思い始めた」いうものが特に多かったです。

参加した感想

LTでは、単に『SIer脱出=ハッピー』という話だけではなく、脱出した後の苦労や努力した事など、割とリアルな話が色々な視点で語られていて(脱出したいエンジニアにとって)非常にタメになる会のようでした。

リアルな内容が多かった分、具体的な悩みも更に出てきたんじゃないんじゃないかなぁと思うので、そういう方は近々開催される現役エンジニアによる個別の転職相談に参加してそこで質問しちゃってもいいかもしれないですね。

kiitok.connpass.com

他参加者の当日の声

当日の発表資料

  • gamiさん
  • くりまおさん
  • 上田さん